子育て情報『何これすごーい!と子ども心のツカミはOK、100色折り紙の遊び方』

何これすごーい!と子ども心のツカミはOK、100色折り紙の遊び方

2018年3月30日 12:29
 

子どもには、創造力や発想力といった、豊かな感性を持った人間に育ってほしいもの。でも、そのためには一体どんなことをしてあげたらよいのでしょう?
絵画やデザインの教室に通うのも良いですが、まずはもっと気軽に身近なもので、トライしてみてはいかがでしょうか?”100色折り紙”を活用したカラー教育です。

関連リンク

・《ハーフ子育て奮闘中ママが語る》目指せ、バイリンガル! 我が家で実践している外国語教育のルールとは?
・せいやくんとなおちゃん 5年間ありがとう!「おとうさんといっしょ」みんなのイラスト集【第3弾】
・反抗期の3歳児、みんなはどう接している?
MYPHOTO2


“100色もある!”という感動が学びのスタートに

最初にこの折り紙を見せると、「何これ~!すごいいっぱい~!」「え~、100色もあるの?」と、きっと子どもたちは感動してくれるでしょう。そうなれば、まさにつかみはOK。
興味のスイッチが入れば、子どもの吸収力はぐんと伸びていきます。
「色ってこんなにあるんだね。」「どんな色が好き?」「青でもたくさん種類があるね。」とたくさんの気づきを促すような語りかけをしてあげましょう。
大切なのは、子どもの感性を引き出すこと。同じ色を見ても感じ方は人それぞれ。固定概念にとらわれず、子ども自身が感じたことをどんどん言葉にさせてみましょう。「これって何の色?」の問いに、思わぬ答えが返ってくるかもしれません。でも否定せずに、受けとめてあげて。
太陽を赤、空を青、と決める必要なんてないし、むしろもっと芸術的センスに富んだ表現はいろいろあります。わが子の素晴らしい感性を、新たに発見できるかもしれません。

”色名あてカルタ”~ゲームしながら覚えちゃおう~

MYPHOTO1


手軽に遊べるゲーム、“色名あてカルタ”をご紹介。
1)まずは100色折り紙を用意(7.5cm四方の小型がベスト、通常判15cm四方なら1/4にカット)
2)折り紙の裏に、裏表紙にある色名一覧表を見ながら、えんぴつで色名を書く
(折り紙は一覧表の順番に袋に入っています。色名を濃いペンで書くと裏から透けて見えてしまうのでNG)
3)色の面を上にして、床や机に自由に並べる
4)読み手は、色の一覧表を見ながら、ランダムに色名を言っていく
5)取り手は、読まれた色がどれかを見つけ、折り紙を取っていく

ピンク色に見えても、「もも」「さくら」「べに」などの色名があり、それぞれ微妙な色の違いがあるので、なかなかやりごたえのあるゲームです。何度か繰り返していくと、色名をどんどん覚えてしまう子ども。ママも負けないように頑張って!

MYPHOTO3


“グループ分け”~グラデーションなどの配色のテクニックも自然と身につく~

次に紹介するのは”グループ分け”ゲーム。
子どもは“グループ分け”が大好き。赤のグループ、青のグループ…というふうに、似た色のグループを作ってみましょう。すると、同じように見えた色もわずかな濃淡があることに改めて気づいたり、濃→淡の順番に並べてみたらとてもきれいに見えたり。配色のおもしろさを感じられることでしょう。

「デザイナーになりたい!」なんて言っているお子さんになら、「何色のシャツと何色のスカートが合うかしら?」なんて聞いてみると一生懸命になって考えてくれると思いますよ。

MYPHOTO4

ぜひ、親子で楽しくコミュニケーションしながら学んでみてくださいね!

<文・写真:フリーランス記者石川友美

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.