子育て情報『11歳、ひとり旅でパリへ!成し遂げた自信が生んだものは』

2019年1月15日 11:20

11歳、ひとり旅でパリへ!成し遂げた自信が生んだものは

子どものひとり旅をサポートするサービス

航空会社には多くのサービスがあって、どのエアラインもさまざまな形で子連れ客へのサポートを実施しています。そのひとつ、子どもの“ひとり旅”のサポートがあるのをご存じでしょうか。国内線では割とよく知られたサービスですが、実は国際線でも、このサービスを受けることができます。

目次

・子どものひとり旅をサポートするサービス
・注意事項はしおりにまとめる
・見送る側もちょっと大変
・感動の再会をするはずが?
・あきらかにいつもと態度が違う!
・成功体験が娘を大きく


001_001_image1

空港で人を待つのはわくわくするもの。今回もわくわくしたものの、それと同時に不安もいっぱい

あるとき、筆者は仕事でフランスへ行くことになりました。パリには娘が小さいころから仲良くしている、私の友人の子どもたちがいます。今回の出張先がフランスと聞いて、どうしても一緒に行きたくなった娘。「ママは仕事だから」と話しても「行きたい」と食い下がります。そこで、あきらめさせるつもりで「じゃあ、ひとりでフランスまで来られる?」と聞いてみました。

すると娘は「行く!」と即答。「うっ」とひるんでしまったのはこちらのほうです。しかし、一度言ったことを覆すのは教育上よろしくないので、一応友人に都合を聞いてみると先方もOKのお返事。これは、決行するしかありません。予約していたエールフランス航空の自分の航空券の帰国日を変更し、さらに娘の分の航空券を予約しました。

いきなり決まった娘のひとり旅。といっても、羽田からパリまでの飛行機(約13時間)だけなのですが、娘はまだ小学5年生(チケットの予約当時は10歳)。飛行機への搭乗経験は多いものの、ひとりで乗ったことはありません。これは不安…というわけで、ひとり旅の子どものアテンドサービス『キッズソロ』をお願いすることにしました。
航空会社によって規定が異なるのですが、エールフランス航空では5歳から14歳までの子どもがひとりで渡航する場合、事前登録が必要です。往復ともひとりであればネット予約で登録が可能ですが、今回は帰国便が私と一緒なので往路のみ、とイレギュラー。電話で予約と登録をします。アテンドサービスは年齢や飛行距離によって料金が定められていて、オペレーターが言うには今回は「1万円ほど」だそう。大人の航空券料金よりも若干安く済みました。

注意事項はしおりにまとめる

さて、すべての手配が済みましたが、やはりどうしても不安があります。口頭であれこれ伝えましたが、心もとないので「旅のしおり」を制作。内容は、なにかあったときの連絡先(筆者の携帯電話番号。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.