子育て情報『つい言いがち!子どもが2倍傷つく親の叱り方』

2019年9月23日 17:30

つい言いがち!子どもが2倍傷つく親の叱り方

目次

・子どもの性格にマイナスの定義を与えない
・以前のことを持ち出して叱らない
・人の評価を基準にしない
・叱るのはその場限り簡潔に、できたことをしっかりほめて
つい言いがち!子どもが2倍傷つく親の叱り方


自己肯定感とは、自分の存在を自分自身が価値のあるものとして無条件に認め、自信をもつことができる感覚のこと。子どもが育つうえで重要なベースになると言われています。しかし実際には、親の側が「ついつい」子どもの自己肯定感を損ねるような言動をしてしまうことは少なくありません。
今回は、心理カウンセラーの筆者が、子どもの自己肯定感を強く保つために親が守りたいポイントを紹介します。

子どもの性格にマイナスの定義を与えない

子どもの自己肯定感を損なうわかりやすいキーワードに、子どもの性格に対するマイナス評価の言葉があります。
子どもが何か失敗をしてしまったり、親の思いどおりの行動をしなかった時に、こうした言葉をかけてしまいがち。

・グズグズしないで
・普通できるでしょ
・ほんとガッカリ

例えば、お出かけするから早く準備をしてほしい時、モタモタしているわが子に「早くしてよ!グズグズしないで」。
大人から見てとても簡単な問題やクイズを解けないと、「それくらい普通できるでしょ。ほんとガッカリ」など。

親のほうもイライラして、つい口にしてしまいがちなマイナスの言葉は、子どもの心に強く残り、自分に自信をもてない大きな要因になってしまいます。
また「普通できる」などといった、自分ひとりが劣っていることを感じさせる言葉も、避けたいキーワードです。

以前のことを持ち出して叱らない

子どもが失敗するのは、いわば当たり前のこと。次に同じ失敗をしないようにと、親が叱ったり教えることも、当然のことです。ただし、以前のことを持ち出すのはNG!

・だいたいこの前もあなたは…

例えば食卓でコップを倒し、ジュースをこぼしてしまい、「気をつけてって言ってるのに!」などということはありがちです。そこで以前のことをもち出して「だいたいこの前もあなたはあわててお友達とぶつかったでしょ。まわりをよく見て…」などとお説教をされても、子どもはイヤな気持ちになるだけです。
親の中で、不注意という共通点でつながることも、子どもにとっては無関係な別問題。2倍怒られた気持ちになり、自分はダメな子だ…という意識につながってしまいます。

人の評価を基準にしない

子どもを叱りたい時、他人基準の評価をもち出して叱ってしまうこと、ありませんか?

・お店の人に怒られるよ
・お友達に嫌われちゃうね

例えば、スーパーなどの店内で騒ぐ子どもに対して「お店の人に怒られるよ!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.