子育て情報『3歳で内斜視と診断された娘。悲観する母をよそに娘はたくましく成長し…』

2020年6月4日 11:20

3歳で内斜視と診断された娘。悲観する母をよそに娘はたくましく成長し…

わが家の長女は、3歳で「内斜視」と診断されました。
私は彼女の将来を悲観し、心配する日々が続きました。しかし長女はそんな私の心配をよそに…。
今回は、長女が「自分のできること」に焦点を当てて成長していく姿に、母である私が成長させてもらったと感じることをお話しします。

目次

・長女が内斜視と診断されるまで
・内斜視だと立体的にものが見えない?
・内斜視のせいで友達にいじめられるのでは…と心配
・小学1年生で新体操をやりたいと言い出した!
・長女が望んで続けた道だから成長がついてきた
・新体操が長女と私にもたらしたもの


長女が内斜視と診断されるまで

生後3か月の長女と畳の上でごろごろしていた時。突然、長女からきつい視線でにらみつけられたように感じたことがあります。
当時は、自分自身が疲れていたので、そう見えたのかなと思いましたが、その時の娘の表情を写真に収めました。すると、左の黒目が内側に寄って見えました。
でも、乳幼児だから目の機能がうまく働いていなかったのかな?と思ったくらいで、あまり気にせずにいました。
後で知ることになるのですが、そもそも乳幼児は目に占める黒目の割合が大きいので、斜視に気づきにくいのだそうです。

長女が2歳7か月で引っ越しをし、初日に長女と向き合って夕飯をとったとき、「明らかに左の黒目の位置が違う!」と感じました。でも、荷物の片づけを優先しているうちに忘れてしまいました。
生活も落ち着き、幼稚園に満3歳で通い始めた直後。左の黒目が内側によっていることがまた気になりだしました。
そこで眼科に足を運び、診察を受けた結果、「内斜視」と診断されました。

内斜視だと立体的にものが見えない?

「内斜視」とは、「公益財団法人日本眼科医会」の説明によると「人間の目は、少しはなれて横に二つついているため、左右の目は少し違った角度でものを見ることになります。これを頭のなかで一つにまとめてとらえることで、立体感や遠近感が生まれます。しかし斜視があると、両目で一つのものを見ることができないので、その機能が発達しません」とあります。つまり、立体的にものを見ること(立体視)が難しいという説明を受けました。
言葉で聞くと分かりにくいのですが、実際の体感としては、片目を完全に隠してレゴブロックを組み立てたり、駅の階段を昇降している状態に近いようです。

3歳で内斜視と診断された娘。悲観する母をよそに娘はたくましく成長し…


内斜視のせいで友達にいじめられるのでは…と心配

また、外見的には、片方、または左右両方の黒目が内側に寄ります。
そのため、当時の長女の表情は、見る人の角度により視線がきつく受け止められるようでした。
実際に幼稚園のバスの先生から、「〇〇ちゃん(長女の名前)、私のことが嫌いなんでしょうか?いつもにらんできて。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.