子育て情報『ネット動画とのつきあいかた どこから手をつける、長時間利用問題』

2018年9月28日 10:00

ネット動画とのつきあいかた どこから手をつける、長時間利用問題

専門家・プロ:高橋大洋

子どもがネット動画を見ている保護者に共通の悩みに、「やめられない」「止まらない」があります。保護者はどうすればよいのでしょうか。

軽く考えると一生後悔する?長時間利用問題

最新の全国調査※1によれば、中学生の56.7%が、平日1日あたり2時間以上ネットを利用しています。小学校高学年でも、33.4%が2時間以上利用するなど、低年齢化も進んでいます。

目次


・軽く考えると一生後悔する?長時間利用問題

・つい長時間になるのはうちの子の意思が弱いから?
・まずは「終わりの時間」に集中してみよう




ネット動画とのつきあいかた どこから手をつける、長時間利用問題

Photo by Mpho Mojapelo on Unsplash

小学生の段階から人気が高いネット利用は、「動画」と「ゲーム」です。とくに、「動画」の長時間利用に悩む家庭は少なくありません。ネット利用が長くなったとき、最初に犠牲になるのは睡眠時間ですから心配も当然です。

睡眠は、健康や発達の大切な基礎です。低年齢の時点での睡眠不足の慢性化は、成長後の睡眠障害などの原因にもなります。

長時間利用は、子どもたちの一生に関わる問題なのです。

つい長時間になるのはうちの子の意思が弱いから?

動画の視聴がほどよいところでやめられないのは、わが子の意思が弱いからでしょうか。よその子たちは上手に切り上げられているのでしょうか?もちろんそんなことはありません。

ネット動画の多くが、掲載広告と引き換えに無料で楽しめます。運営会社は、より多くの人に、より長く広告を見てもらえるよう、さまざまな工夫をこらします。

たとえばYouTubeでは、目あての動画を見終わると必ず、「次の動画」が表示されます。推薦されるのは、自分自身の好みにぴったり合った動画です。自制心がまだ弱く、好奇心おうせいな子どもたちは、そうした働きかけにあらがえません。運営会社の思惑どおり、次々に動画とそれに付随してくる広告を見ることになります。

まずは「終わりの時間」に集中してみよう

どうしたら動画視聴の長時間化に歯止めをかけられるのでしょうか。

家庭での取り組みの第一歩は、ネット利用に使える時間帯を親子でいっしょに計算するところからです。
個人差はあっても、小学生(6〜12歳)段階での望ましい睡眠は9〜12時間※2です。
起きる時間は、学校に行く時間と身支度や朝食にかかる時間で決まるので、簡単な引き算で就寝の時間が決まります。睡眠の質を保つため、就寝1時間前をネット動画視聴の「終わりの時間」とします。※3

まず保護者が集中すべきは、睡眠や「終わりの時間」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.