子育て情報『つい後回しにしてしまう自分にうんざり。親子で改善した「1日のエネルギー」の使い方とは』

2018年4月17日 14:00

つい後回しにしてしまう自分にうんざり。親子で改善した「1日のエネルギー」の使い方とは


ついつい後回しにしてしまうこと、ありませんか?

つい後回しにしてしまう自分にうんざり。親子で改善した「1日のエネルギー」の使い方とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174006055

やらなければいけないことはわかっているのに、ついつい他のことに手を取られて後回しになってしまうこと、ありませんか?

私にとっては「お風呂掃除」がその最たる例でした。やり始めれば15分で終わることなのに「服が濡れるから後にしよう、子どもに呼ばれたから先にそっちを片付けよう…」などと理由をつけ、結局入浴直前になってから、ようやくお風呂を洗う…。

そんな自分をそのまま受け入れることができるのなら、それはそれでいいと思います。しかし、私は「どうして15分で済むことがきちんとできないのか?」と自分を責めてしまうのです。

そうして翌日からはさっさとやってしまおうと思うのですが、結局、後回しになってしまって後悔を繰り返してはうんざり。

なんとかしないといけないなと思っていた時、SNSで「エネルギーがたくさんある午前中にやるべき事をやってしまえばよい」という情報を目にしました。

「1日のエネルギー量」という視点を持っていなかった私には、それはとても新鮮なアイデアだったのです。


エネルギーの使い方と充電方法を考える

つい後回しにしてしまう自分にうんざり。親子で改善した「1日のエネルギー」の使い方とはの画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11017014020

発達障害の特性からイライラがたまり殻に閉じこもりがちな子ども達にとっても、これは有益な情報です。2人は普通の生活を送るだけで激しく消耗してしまいます。どんな風に自分のエネルギーを配分をしたらいいのかや、自分なりの充電の仕方を把握できたら、もっと過ごしやすくなるはず!

そこで、早速子どもたちにこの新しい考え方を伝えることにしました。

「今日、すごくいい情報を知ったの!あのね、1日のうちでエネルギーが満タンになっているのっていつだと思う?」(母)

「元気がいっぱいあるってこと?」(息子)「やっぱり朝かな?」(娘)

「そうだよね!寝た後だから体も元気になってるし、心もリセットされてエネルギーが満ち溢れてる感じがするよね。そのエネルギーがあるうちに、ちょっと頑張らないといけないことをやってしまうと、そんなにしんどくないんだって!」

「じゃあ、今『なりたい自分になるために努力する時間』を午前中にしてるのはいいことなんだね?」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.