子育て情報『顔と名前がミスマッチ? キラキラネームで損したエピソード4選』

2017年1月11日 18:00

顔と名前がミスマッチ? キラキラネームで損したエピソード4選

顔と名前がミスマッチ? キラキラネームで損したエピソード4選

こんにちは、キラキラネームウォッチャーの木村華子です。

赤ちゃんの名付けをサポートするパパ・ママ向けアプリ『赤ちゃん名づけ』を運営する『リクルーティング スタジオ株式会社』は2016年12月、年間でアクセス数の多かったキラキラネームをまとめた『2016年年間キラキラネームランキング』を公表しました。

上位にランクインした名前は以下の通りです。

**********

【2016年年間キラキラネームランキング】
・1位:唯愛(いちか、ゆめなど)
・2位:碧空(みらん、あとむなど)
・3位:優杏(ゆずなど)
・4位:海音(まりんなど)
・5位:奏夢(りずむなど)
・6位:妃(ひな、きらりなど)
・7位:一心(ぴゅあなど)
・8位:愛翔(らぶはなど)
・9位:七海(まりんなど)
・10位:輝星(べが、だいやなど)

**********

確かにキラキラしてはいるものの、一昔前にキラキラネーム・DQNネームを世間に知らしめた「光宙(ぴかちゅう)」ちゃんや、「泡姫(ありえる)」ちゃんといった派手なラインナップは無く、「唯愛」ちゃん、「碧空」ちゃんなどのソフトなキラキラネームが上位を占めている 印象。

煌びやかすぎないマイルドさには、これまでアンチだった方でも、思わず「いいかも……」と受け入れてしまいそうなキャッチーさがあります(なんだかスゴいのもありますが)。

事実、私の子どもたちが通う保育園や小学校でも、このレベルのキラキラネームは珍しくありません。

これらマイルドなキラキラネームは、今や「最近の名づけなのね……」程度の市民権を得ていると言っても過言ではないでしょう。

こうして、行き過ぎたキラキラネームは減少し、ほどほどに新しい名づけが世間に浸透したのでした。めでたし、めでたし……。

とはいかないのが名付けの恐ろしいところで、件(くだん)のキラキラネームブームに乗じた親によってまばゆい名づけを施された人たちが、この日本には数多く存在しています。

輝かしすぎる自分たちの名前が“一昔前のもの ”になって行く今、彼ら・彼女らは何を思うのでしょうか。

そこで今回は、自称「キラキラネームをつけられた」と感じている方々へ向けて、「キラキラネームで損したことは何ですか?」という質問をぶつけてみました(※プライバシーを守るため、本名であるキラキラネームは伏せてご紹介します)。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.