子育て情報『決勝トーナメント進出16チーム出揃う! 劇的決着で突破を決めたチームも』

2022年1月5日 22:29

決勝トーナメント進出16チーム出揃う! 劇的決着で突破を決めたチームも

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2021の2日目。午前中から晴天に恵まれましたが、雲が広がり午後途中から小雨、本降りとなり同時に気温も下がり肌寒い中で試合は進みました。しかし、選手たちは元気に勝利を目指しファイト溢れるプレーを見せてくれました。

グループリーグも終わり、各グループの1、2位は決勝トーナメントへ、3、4位は下位トーナメントに進むことになります。
(取材・文:貞永晃二、写真:浅尾心祐)

決勝トーナメント進出16チーム出揃う! 劇的決着で突破を決めたチームも


湘南ベルマーレアカデミー選抜対センアーノ神戸(写真:浅尾心祐)

■劇的な勝利、久保監督は無敗で決勝トーナメントへ。播戸監督も嬉しい初勝利

2日目はまずE~Hグループは2、3試合目を戦い、その後A~Dグループが残りの3試合目を戦うというタイムスケジュールでした。

Eグループでは、センアーノ神戸ジュニアが3連勝。首位で決勝トーナメント進出となりました。湘南ベルマーレアカデミー選抜は2戦目でエコノメソッド スクール選抜と対戦し前半終了近くと後半早々に決めて2点リードを奪いましたが、エコノメソッド スクール選抜が意地を見せて瞬く間に同点に追いつきます。しかし試合終了間際の劇的な内田龍吾選手の決勝ゴールで勝利し決勝トーナメント行きを決め、結局2位で突破を決めました。

Fグループでは、FCトリプレッタ渋谷ジュニアが見事な3連勝で首位通過。2位はガンバ大阪ジュニアが SOLTILO SELECTと同勝点4で並びながら得失点差で2位通過となりました。

Gグループでは、バディサッカークラブが首位、DREAM FC が2位となりましたが、その差は勝点1のみ。この2チームが地力を見せて抜け出しました。

Hグループでは、あざみ野FCが3戦目を前に首位で決勝トーナメント進出を決めていましたが、3戦目を前に奈良クラブジュニアが勝点2、FC琉球 U-12とエスフェローザ八千代の両チームが勝点1という激しい2位争いのグループでした。3戦目で奈良クラブがあざみ野FCに勝利し2位に滑り込みました。

Aグループは2位以上を決めていた東京ヴェルディジュニアとプリモ大阪が対戦し、快勝した東京ヴェルディジュニアが首位、2位がプリモ大阪となりました。ここでは連敗スタートだった大和ハウスDREAMSがGullid Asakura を降し、播戸竜二監督に初勝利をプレゼントしました。Bグループでは、連勝で2日目を迎えた久保竜彦監督率いる大和ハウスFUTURESは同じく連勝のディアブロッサ高田FC U-12と引き分けて2勝1分けでグループリーグを終え、得失点差で首位がディアブロッサ高田FC U-12、大和ハウスFUTURESは2位となりました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.