子育て情報『出場メンバーや子どものポジション指定してくる親が増加、チームスポーツなのにまるで個人競技!? 指導者はツライよ【保護者対応の悩み】』

2022年4月19日 18:00

出場メンバーや子どものポジション指定してくる親が増加、チームスポーツなのにまるで個人競技!? 指導者はツライよ【保護者対応の悩み】

サッカーの指導者の悩みで一番よく聞かれるのが「保護者対応」。

最近ではインターネットの記事や動画で情報を得る方も多くなり、サッカーの経験がない親御さんも指導者に「ネットにはこんな指導が良いと書いてあった」「うちの子は●●が得意なので■■選手のようなポジションが合っていると思います」など注文を付けてくる方もいるそうで、頭を悩ませている指導者たちも少なくないようです。

サカイクでは指導者たちのリアルな悩みを聞くために、オンライン座談会を実施しました。

そこで聞いた現場の声をお届けします。

目次

・上手い子の親たちが選手起用に意見してくる
・わが子のポジションを指定してくる
・個人偏重は指導者にも原因が?
・サッカー経験者の保護者が勝利を求めてくる
・指導者はアップデートしているのに......


出場メンバーや子どものポジション指定してくる親が増加、チームスポーツなのにまるで個人競技!? 指導者はツライよ【保護者対応の悩み】

写真は少年サッカーのイメージ

子どもが心からサッカーを楽しむために
大事にしてほしい親の心得「サカイク10か条」>>

■上手い子の親たちが選手起用に意見してくる

3、4年生を指導するAコーチのチームでは、学年の担当コーチに対して保護者から練習方法や選手起用について口を出されることが多いのが悩みだそう。

チームの結果より自分の子が活躍したかどうかを重視し、勝ちを求めるために試合のメンバーについても「あの子たちと組ませてください」「あの子は外してください」など意見されることも多く、その対応に困っているとのこと。

子どもたち同士はうまい下手に関わらず仲良く練習しており、指導者としても小学生年代は楽しむことを一番に、サッカーを嫌いにならないように全員を試合に出したりしているのに、親たちの方が勝利にこだわっており、その結果チームに不満が生じアレコレ言ってくる現実があることに悩んでいると教えてくれました。

■わが子のポジションを指定してくる

チームを指導して22年のベテラン指導者Bさんも、近年保護者の要求が変わってきたと感じている方の一人です。

海外のリーグも気軽に視聴できる環境が整ったり、インターネットの普及もあり情報があふれた最近では、子どもの得意なプレーに照らし合わせて、例えば「うちの子はドリブルが得意なのでメッシ選手のようになれるでしょうか」のように、親から見てプレースタイルが似ていると思う有名選手のようになれるか聞いてくる保護者や、「うちの子はボールコントロールが得意なのでMFが適正だと思います(MFにしてください)」など、わが子のポジションを指定してくる保護者が増えているのだそう。また、試合では「ボールを持ったらドリブルしろ」など直接プレーを指導する保護者や、チームへの要望ではなく自分の子だけに親がやってほしいプレースタイルを指示する方もいるなど「チームスポーツをしているはずなのにまるで個人競技のようになっている」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.