くらし情報『子どもが自由に走り回れる家空が見える階段室をコアにした回遊式空間で暮らす』

2019年11月25日 00:00

子どもが自由に走り回れる家空が見える階段室をコアにした回遊式空間で暮らす

好条件の敷地での家づくり

静かで子育ての環境に良く緑が多い場所――これが加藤夫妻が敷地を探すときのコンセプトだった。現地を見て即決したという敷地は、歩道と合わせて幅12mほどの道路に面しているとはいえ気になるような騒音もなく、周囲には緑もあって子育てには良さそうな環境にある。

さらに加えて角地で敷地もゆったりめ、隣家との距離もある程度確保できるという敷地条件の中で、加藤邸の家づくりが始まった。

目次

・好条件の敷地での家づくり
・走り回れる2階プラン
・構造材を斜めに架けて見せる
・トップライトの下はシルバーの階段室
・1階はフレキシブルにプランが変更可能



子どもが自由に走り回れる家空が見える階段室をコアにした回遊式空間で暮らす

ダイニングからリビングの方向を見る。斜めに架けられた垂木が天井にダイナミックな印象を与えている。
子どもが自由に走り回れる家空が見える階段室をコアにした回遊式空間で暮らす

コアの階段室を見る。右のリビングからはコアに開けられた開口を通して空を見ることができる。

走り回れる2階プラン

周囲の家のリビングが1階に置かれていて、2階を外部に対して開いても目線が合わないこともあり、リビングを2階にしてコーナー部分にガラス面を広めに取った開放的なつくりとした。

2階をリビングにした理由はもうひとつあった。「2階にもっていったほうがリビングが広く取れると言われたので、そうすると子どもが走り回ったりと自由に使えるんじゃないかと思った」と奥さん。出来上がった空間も、コアの部分に階段室をつくってその周りをダイニング、リビング、スタディスペース、キッチンがぐるりとめぐる構成になっていて、コア部分以外には仕切りとなる壁のないひとつながりの空間ゆえ、奥さんの思った通りに、子どもが自由に走り回ることのできる空間になっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.