くらし情報『意外と知らない…「入院お見舞い時」のマナー違反|モテる女のマナー講座 vol.4』

2018年1月24日 19:45

意外と知らない…「入院お見舞い時」のマナー違反|モテる女のマナー講座 vol.4

せっかくのデートを失敗に終わらせないために、マナーはとても大事。この連載では、気になる男性と一緒になったタイミングで「とりあえず、ここだけは押さえておきたい♡」というマナーをご紹介しています。マナーのツボを押さえている女子は、それだけで好印象に♡ 今回は、病院へお見舞いにいく場面で役立つマナーをご紹介します。

文・並木まき

■お見舞い前に「相手の病状」を確認!

目次

・お見舞い前に「相手の病状」を確認!
・「お見舞い品」にはどんな物を渡せばいい?
意外と知らない…「入院お見舞い時」のマナー違反|モテる女のマナー講座 vol.4


彼と共通の知り合いが入院し、一緒に「お見舞いに行こう」となったとき、いくつか注意点があります。

まず「入院した」と第三者から聞いて、なんの下調べもせずにお見舞いに駆けつけるのはマナー違反。相手の病状などの状況によっては、お見舞いが負担となってしまうこともあります。

事前に「行きます」と連絡を入れると恐縮されてしまいそうだし、サプライズで喜ばせたい気持ちも分かりますが、相手の状況をしっかり確認してから伺うのが正しいマナーです。

また、お見舞いに訪れた際、長居は禁物。病気や怪我の状態によっては、ある程度お話ししたら休んだほうがいい場合も多いので「面会時間は夜までたっぷりあるし!」などと、ダラダラ居続けないようにしましょう。

当たり前ですが、お見舞いでは相手の体調を気遣うのがなによりのマナーです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.