くらし情報『「私は背の低い禿頭の老人です」から始まる『谷川俊太郎展』の魅力』

「私は背の低い禿頭の老人です」から始まる『谷川俊太郎展』の魅力

2018年2月12日 11:00
 

詩人の書斎やクローゼットを覗いたら、そのペンが紡ぐきらめく言葉の秘密が見つかるかもしれない。なぜなら詩人・谷川俊太郎にとって詩作は暮らしの地続きにあるものだから。その両者の深いつながりを辿る展覧会『谷川俊太郎展』が開催中だ。

関連リンク

・「スター・ウォーズ」キャラクターの名前の付け方に秘密はあるの?
・ジャネット・ジャクソン、授賞式で「父に感謝」と語る その父が末期がんか
・観光地となった元TOKIO・山口達也の「大豪邸」
「私は背の低い禿頭の老人です」から始まる『谷川俊太郎展』の魅力


会場には巨大な柱が林立する。そこには「私は背の低い禿頭の老人です」で始まる詩、「自己紹介」が1行ずつプリントされ、側面にはそれにまつわる私的な品々が展示されている。古いラジオのコレクション、モノクロの家族写真、愛用のTシャツなど、長く暮らしを共にしてきたものからは、どこか作品と通じるモダンな気配が漂ってくるようだ。
「私は背の低い禿頭の老人です」から始まる『谷川俊太郎展』の魅力


もう一つの見どころはミュージシャンの小山田圭吾、インターフェイスデザイナー中村勇吾とのコラボレーション。谷川自らが朗読する「かっぱ」ほか3編が言葉、音、映像の三位一体となって空間いっぱいにこだまする。まさに詩を体に浴びる先端芸術。ぜひ体感してみて。
東京オペラシティ アートギャラリー東京都新宿区西新宿3‐20‐2東京オペラシティタワー3F開催中~3月25日(日)11:00~19:00(金・土曜~20:00、入場は閉館30分前まで)月曜休(2月12日は開館)、2月11・13日休一般1200円TEL:03・5777・8600(ハローダイヤル)

20行からなる詩「自己紹介」を柱状のインスタレーションに。

会場設営中に谷川が即興で書き、自ら貼り付けたメモが。思わずクスリとさせられるウィットはさすが。

※『anan』2018年2月14日号より。写真・中島慶子文・松本あかね

(by anan編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.