くらし情報『「思いつきで撮影したシーンも」鈴木伸之が“初写真集”を語る』

「思いつきで撮影したシーンも」鈴木伸之が“初写真集”を語る

2018年2月10日 20:00
 

柔軟な思考力を持つために心がけていることとは?俳優・鈴木伸之さんに語ってもらいました。思考をスイッチしたり、刺激する方法を自分にも応用してみませんか?

「思いつきで撮影したシーンも」鈴木伸之が“初写真集”を語る

予想外の結果が生み出す、爆発力がたまらなく好き。
演じる役には理性的に向き合うという、鈴木伸之さん。

「準備が大事なお仕事だと思っているので、台本を読み、物語の流れや演じる人物の役柄を考え、大枠を決めてから現場へ行きます。でも、一人で決め込まず、余白を残すことも意識しています。予定調和より、何が起こるかわからないハラハラ感があるほうが、作品が面白くなると思うんです。“1+1は2ではなく、3でも4でもいいだろ!”って考え方。予想外だからこその爆発力が、たまらなく好きです。初の写真集を作るときにも、思いつきで撮影したシーンがたくさんありました。クールさも、ラフさも、素顔の瞬間も出せたんじゃないかなと」

長年打ち込んでいた野球も、仕事に影響している。

「スポーツもお芝居も、チームプレーという点では一緒。だから、共演者の方やスタッフさんとも垣根なしに楽しく、いい作品を作り上げたいんです」

そんな意識はありつつも、他人からの意見に左右されることは“全くない”と、きっぱり言い切れる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.