くらし情報『愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは』

愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは

2018年2月19日 19:00
 

今回は歴史ドラマ『エカテリーナ』が日本で初めて放送されるということで特別にロシア大使館で行われた試写会&パーティに行ってきました。この高い塀の厳重な建物内に入れるのも貴重ですが、「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれたロシア最強女帝、エカテリーナの生きざまがすごかった! 結婚後8年間は処女のままで、その後まさかの愛人300人。その裏にある寂しさ。現代女性に通じる男女の心の葛藤なども含めてエカテリーナという女性についてもご紹介しますね。

会場はきらびやかなロシア大使館

関連リンク

・溝端淳平、「10代からのつきあい」岡本玲の成長にしみじみ「こんなに可愛い子に…」
・DA PUMP、“いいねダンス”動画が1000万回再生を突破「ただただすごい数字」
・「スター・ウォーズ」シリーズの名優チューバッカ、演技の練習をする裏の姿が流出!?
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


試写会は東京タワーからも近いロシア大使館です。煌びやかなシャンデリアがいくつも輝く広間では、ロシア料理がずらりと並び、パーティも開かれました。ロシア料理といえばビーツを使ったボルシチや餃子の形をしたパン、ピロシキが有名ですよね。

エカテリーナはあの有名なエルミタージュ美術館の礎となる絵画や宝飾品の収集にも尽力した人物で、ドラマではイタリア、スペイン産の最高級の生地を使った美しい衣装をまとい登場します。また、宮殿内の豪華さも見どころのひとつ。大使館では、そんな圧倒される映像の世界を少し体験できた気がしました。

エカテリーナってどんな人?

愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


さてここから、歴史ドラマ『エカテリーナ』を基に彼女を紹介していきます。
ドラマではNHKドラマ『坂の上の雲』にも出演経験がある美人女優、マリーナ・アレクサンドロワがエカテリーナを演じています。エカテリーナ(写真)はロシアの女帝なのでロシア人かと思いきや、実はプロイセン(ドイツ)で育った貧しい貴族の娘でした。当時、彼女は、ロシアを支配する女帝・エリザヴェータの決断によりエリザヴェータの甥で、次期王位継承者の立場であるフョードロヴィチの后候補になり、はるばる、プロイセンからロシアに渡ったのです。

14歳という若さでロシア宮廷入りしたエカテリーナですが、まるで日本の大奥のような恐ろしい場所にも物怖じせず、持ち前の野心家を活かしてロシア語、歴史、宗教を学び、賢さを活かして全ての実権を握るエリザヴェータに気に入られようとします。
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


そしてもちろん、女帝エリザヴェータに反抗できず、言われるがままのおぼっちゃま、フョードロヴィチ(写真の男性)の気も引こうと試みます。そして見事、16歳で彼の皇后となったのです。

実際は、エカテリーナはドイツにいた幼少期に母から「お前はブサイクだ」といわれて育ったのだそう。それでも、エカテリーナは知性の力で内側から美しくなろうと懸命に勉強したそうです。そこで折れないからすごいですよね!
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


ちなみに存在感もすごいフョードロヴィチの叔母である女帝エリザヴェータ(写真の女性)は、歴史上でロシア最高の美人といわれ、オシャレで有名だったそうです。なんと1日に5回もドレスを変え、トータルで2万着のドレスを持っていたといわれています!

愛人の数は300人?

愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


せっかく結婚したものの、兵隊ごっこなどが好きで子供っぽさが抜けない「ザ・おぼっちゃま」の夫、フョードロヴィチが性機能障害だったため、8年間子供ができず、エカテリーナはそれまで処女だったといわれています。
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


そこで登場するのがやっぱり、女帝エリザヴェータ! 世継ぎを望んでいたため、イケメンのサルゲイ・サルトゥイコフを送り込み、エカテリーナと愛人の仲にさせます。そこで愛される女の喜びを知ったエカテリーナは覚醒し、次々と愛人を作るようになってしまいます。
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


ただ、エカテリーナも寂しかったんでしょう。というのも、最初の愛人、サルトゥイコフとの間にできた第一子(男の子)は独身で子供がいない女帝エリザヴェータに取られ、夫のフョードロヴィチとは結婚できたものの、反りは合わず愛されないままだったといいます。
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


そんな寂しさもあり「王冠をかぶった娼婦」とも呼ばれ、300人もの愛人を作ってしまったのかもしれません。ただ、女帝エリザヴェータの死後、即位した夫フョードロヴィチの統治が至らず、国民のクーデターによりエカテリーナは、エカテリーナ2世として王位を継承します。

その後、彼女は歴代のロシア皇帝のなかで最長在位を誇り、最も領土を拡大するという輝かしい功績を残し、国のためにお役目をしっかり果たしました。また、最も愛し心許したひとりの男性をのぞき、愛人には一切、政治に口出しをさせなかった強く、逞しい女性でもあります。

現代の女性にも通じる男女の関係が見える

女帝エカテリーナ2世の夫であるフョードロヴィチですが、あまりにもできすぎた奥さんエカテリーナにたじろぎ、劣等感を覚え、最終的には美しいとはいえない容姿で性格もどうしようもない女性を愛したそうです。彼女の前では自分らしさをさらけ出すことができ、安心感や居心地のよさを感じたともいわれています。

結局、頭がよくて美しい女性だからこそ好かれるとは限らないという点は現代の女性にも通じることかもしれませんね。日本でも女性が社会で活躍すると結婚しずらくなる? 旦那さんの居心地も悪くなる?そんな現代社会の女性が感じるジレンマや悩みとも重ね合わせるとおもしろいかもしれません。
愛人300人…!?「王冠をかぶった娼婦」と呼ばれた女帝の壮絶人生とは


世界20カ国で放送されるなど人気ドラマとなっている男女の愛、権力、憎しみなど波瀾万丈な人生を描いたドラマ『エカテリーナ』ですが遂に日本でも2/19(月)〜から放送開始です。気になる方はチェックしてみて下さいね。

Information

『エカテリーナ』
スカパー・チャンネル銀河にて2/19(月)スタート
月〜金深夜0:00〜

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.