くらし情報『ダンシング・ヒーローはいじりやすい? 荻野目洋子がおおらかに回答』

2018年3月15日 20:00

ダンシング・ヒーローはいじりやすい? 荻野目洋子がおおらかに回答

昨年、登美丘高校ダンス部から火がついた、『ダンシング・ヒーロー』のリバイバルブーム。’80年代にその曲を歌っていたのが荻野目洋子さん。時を超えて今再び輝く、魅力の秘密に迫ります。

ダンシング・ヒーローはいじりやすい? 荻野目洋子がおおらかに回答


――自分にとって大事な曲が、バラエティ的な“ネタ”になることに抵抗はないのですか?

荻野目:
抵抗感?全然ないです(笑)。

――なんとおおらかな…。

荻野目:
もちろん私自身は真面目にやってるんですよ。でも、どうしてだかネタにされやすいんですよね(笑)。当時もとんねるずさんが番組のコントで使ってくださいましたし、ナインティナインの岡村さんが『めちゃイケ』で、「俺はダンシング・ヒーローになりたいんや!」とか叫んで下さったり。なんでしょう、いじりやすいんですかね。でも基本的には、楽しければいいんじゃないかと思うんです。

――エンターテインメントになっていればいいということですか?

荻野目:
そうですね。私の中では、エンターテインメントって、楽しいものなんです。演る側はもちろん、見ている方に楽しんでもらうのが基本だと思っていて。そういう意味で言うと、人を笑わせることができる芸人さんという仕事は、本当にすごいですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.