くらし情報『エッチな気分に…デートが超盛り上がると話題の『ヌード展』』

2018年4月15日 18:00

エッチな気分に…デートが超盛り上がると話題の『ヌード展』

ヌードの歴史をアートで見る!

【女子的アートナビ】vol. 106

『ヌード NUDE —英国テート・コレクションより』では、ヨーロッパの芸術家たちが挑み続けているテーマ「ヌード」にスポットをあて、その歴史を絵画、彫刻、写真などの作品で紹介。19世紀の神話画から現代アートまで、英国テート・コレクションが所蔵する珠玉の作品134点を楽しめます。

目次

・ヌードの歴史をアートで見る!
・まずは古典的なヌードから
・リアルすぎ! エロティック・ヌード
・Information
エッチな気分に…デートが超盛り上がると話題の『ヌード展』


この展覧会、タイトルだけ見るとキワモノ系かと思ってしまいそうですが、内容はいたってまじめ。ヌードは芸術表現としてかなり重要なテーマで、裸体美から性愛表現まで、古くからさまざまな芸術家たちがこの主題に取り組んできました。今回の展示では、日本初公開となるロダンの彫刻作品をはじめ、ピカソやマティスなど巨匠たちの名作も来日。トップクラスの近現代アートを堪能できます。

まずは古典的なヌードから

エッチな気分に…デートが超盛り上がると話題の『ヌード展』


最初の展示室では『物語とヌード』というタイトルで、19世紀イギリス、ヴィクトリア朝時代の作品などが並んでいます。裸体表現が許されていなかった当時、古典文学や神話などの物語をテーマにした「歴史画」を描くときだけヌードを描くことができました。
エッチな気分に…デートが超盛り上がると話題の『ヌード展』


とはいえ、あまりにリアルな描写だと怒られたようで、例えばラファエル前派の画家ジョン・エヴァレット・ミレイの作品《ナイト・エラント(遍歴の騎士)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.