くらし情報『イラストレーター五月女ケイ子にも『バクマン。』時代があった?』

2015年11月9日 23:00

イラストレーター五月女ケイ子にも『バクマン。』時代があった?

そおとめ・けいこ1974年生まれ、山口県出身。大学卒業後にイラストレーターとなり、現在、広告や雑誌、LINEスタンプなど、幅広いジャンルで活躍中。弊誌でも堀潤さんの連載「社会のじかん」の挿絵&一言コメントを担当。夫は放送作家・演出家の細川徹氏。1児の母。

そおとめ・けいこ1974年生まれ、山口県出身。大学卒業後にイラストレーターとなり、現在、広告や雑誌、LINEスタンプなど、幅広いジャンルで活躍中。弊誌でも堀潤さんの連載「社会のじかん」の挿絵&一言コメントを担当。夫は放送作家・演出家の細川徹氏。1児の母。

“ユニーク度”の高いイラストでおなじみの五月女ケイ子さん。ビビッドな原色を多用したカラーイラストは、どこかレトロで懐かしく。水墨画のようなモノクロの作品は、そのシュールさに思わずくすっと笑ってしまう。また、お姫様のような夢見がちな女の子の絵も印象的!

そんな五月女さん、大学時代は編集者になりたかったそうで。お話をお聞きしました。

***

――ということは、入社試験を受けたんですか?

五月女:いや、受けてない(笑)。私たちのときって超就職難の時代で、こりゃどうせ入れないだろうと思って、書類も出さなかった。でも、それまでまったり映画撮ってたような人たちも、みんなテキパキ就職活動して内定取ってて、「え、私どうするんだ?」って、初めて将来をリアルに考えたんです。そこでようやく、「イラスト描きたいかも…?イラストレーターになりたい…?なろう!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.