くらし情報『はだけた胸元も…ヤバい傑作がウィーンから来日!『クリムト展』』

2019年5月11日 10:00

はだけた胸元も…ヤバい傑作がウィーンから来日!『クリムト展』

上野の東京都美術館で『クリムト展 ウィーンと日本 1900』が開かれています。この展覧会では、19世紀末のウィーンで活躍した画家、グスタフ・クリムト(1862-1918)の貴重な作品が集結。ドキッとする官能的なアートや貴重な初期作など、見どころをご紹介します!

過去最多の油彩画、来日中!

目次

・過去最多の油彩画、来日中!
・クリムトの生い立ちからスタート
・エロティックな傑作
・ローマからきた傑作も必見!
・Information
はだけた胸元も…ヤバい傑作がウィーンから来日!『クリムト展』


【女子的アートナビ】vol. 147

『クリムト展 ウィーンと日本 1900』では、世界最大級のクリムト・コレクションを誇るベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館から、貴重な作品が多数来日。日本では過去最多となる25点以上の油彩画が集まり、さらに素描や関連作品など含めて100点以上が展示されています。

2019年は、日本とオーストリアの間に国交が樹立して150周年となる記念の年。そして、前年の2018年はクリムトの没後100年ということもあり、今回の企画が実現したとのこと。日本にいながら上質なクリムト作品をまとめて見られる貴重なチャンスです。

クリムトの生い立ちからスタート

展示は8章で構成され、まずは画家の初期作品から見ることができます。ウィーン郊外の金工師の長男として生まれたクリムトは、1876年からウィーンの工芸美術学校で素描と絵画を学びます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.