くらし情報『有村実樹、昔はジャンクフードも…“つるピカ肌”の秘密を解剖!』

2019年6月2日 20:00

有村実樹、昔はジャンクフードも…“つるピカ肌”の秘密を解剖!

いつ見てもヘルシーな美女に接近。内側からあふれるみずみずしいツヤ感は、何をどう食べたらゲットできる?モデル・有村実樹さんに普段の食生活を教えてもらいました。
有村実樹、昔はジャンクフードも…“つるピカ肌”の秘密を解剖!


プロ級の美容知識がインスタで話題!

もともと食べるのが大好き!20代の頃は、コーラやジャンクフードも含め、腹十二分目までよく食べていました(笑)。そんな食生活に変化が生まれたのは、30歳になってすぐの頃。太りやすくなったり、ぐっすり眠ったはずなのに朝から疲れていたり、代謝の低下を感じ始めたのがきっかけです。当初は“加齢や忙しさのせいかな?”と思っていましたが、太らないための対策として腹八分目を心がけるように。すると、あごの周りにできやすかった白ニキビがほとんど消え、子供の頃から弱くて壊しやすかったお腹の調子が良くなり、さらには疲れにくくなったり…etc。20代よりも体が軽くて元気に過ごせるようになったんです!

そんな経験から私のプチ不調の主な原因は“内臓負担”ということがわかり、体に負担をかけない食生活へ自然とシフトチェンジ。具体的には、炭水化物や揚げ物を控えめにし、野菜や肉、魚からビタミンやタンパク質を意識的に摂るようにしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.