くらし情報『5人に1人が生まれつき? “繊細さん”が楽になる方法』

2020年5月8日 20:30

5人に1人が生まれつき? “繊細さん”が楽になる方法

「私はこれまで700人以上の繊細さんと話をしてきました。なかには、自分が弱いからだと自分を責めていた方も多いです。ですが、繊細さは、生まれ持った気質。直さなくちゃ、と思う必要はないのです」

他人の表情や仕草、声の調子、そして内容などから、さまざまな情報をキャッチするのも、光や音の刺激を受けやすいのも、脳の神経システムゆえ。小さなことに気づくのは自然なこと。

「繊細な感覚で他人の感情や、場の雰囲気を感じ取るため、相手に配慮したり、状況を改善すべく対応しようとしたりします。また、ミスに気づいたり、先のことを予想して考えすぎて、行動に時間がかかることもあります。よく気づくがゆえに、自分が後回しになりやすいのです」

どうやら、これが、気疲れの大きな理由のようです。

敏感な感覚を活かして、自分らしく生きること。
繊細な自分を自覚しているため、それを見せまいとポーカーフェイスで通し、あえて、タフさや豪快さを装ったりする隠れ繊細さんの存在もちらほら。「ハキハキしていて竹を割ったような性格に見える繊細さんも、実は、タフでなければという型に自分を押し込めて悩んでいる場合があります。繊細さんが鈍感になろうとして感覚を閉ざすと、喜びや楽しさも感じにくくなります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.