くらし情報『グループメールでの返信が難しい…カウンセラーが“正解例”を解説』

2020年5月9日 19:30

グループメールでの返信が難しい…カウンセラーが“正解例”を解説

感じる力が強く、他人の気持ちや状況にも気づきすぎるばっかりに悩みが絶えない“繊細さん”。そんな気疲れを起こしてしまいがちな繊細さんたちのお悩みに、いま注目の『「繊細さん」の本』の著者で、HSP専門カウンセラーの武田友紀先生が答えます。

お悩み:どう返すのが“正解”か?と悩みすぎて、グループメールの返信が遅くなりがちです。
グループメールでの返信が難しい…カウンセラーが“正解例”を解説


友達とのグループメールを見るたび、悶絶しています。誰かから遊びの誘いがあったとき他の人の反応を見て返事を考えたり、相談ごとや問いかけがあったときは、自分の言葉が誰かに不快な思いをさせないかと気になります。結果、誰よりもレスが遅く、何を決めるにせよ、他のメンバーの意思のままになって不本意なことが多いです。自分の思いを主張できなくてモヤモヤ。自分からグループは作らない、入らないと決めているんですが、飲み会や旅をきっかけに招待されてしまうんですよね(涙)。(H・Nさん32歳自由業)

武田先生のコメント
その場での“正解”を考えるあまり、意見を言えなくなるのも繊細さんによくあること。グループのテンションや複数の相手の状況を考えだすと、自分でも自分の意見がわからなくなってしまうのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.