くらし情報『結局うまくいくのは「礼儀正しい人」? 今こそ“礼節”の3つの基本とは』

2020年5月31日 20:00

結局うまくいくのは「礼儀正しい人」? 今こそ“礼節”の3つの基本とは

人々の価値観が多様化する時代。他者と共に生きるための普遍的な原則となりうる規範として、“礼節”が見直され始めています。そんな“礼節コミュニケーション”を学べる本とは?

日本では馴染み“礼節”がグローバルスタンダードに。
結局うまくいくのは「礼儀正しい人」? 今こそ“礼節”の3つの基本とは


“礼節=CIVILITY”を扱った翻訳本が増えている。なぜ今、アメリカで礼節が注目されるのか。『結局うまくいくのは、礼儀正しい人である』を監修した大森ひとみさんに聞いた。

「アメリカは多民族社会。さまざまなルーツを持つ人たちにとってひとつの統一したコミュニケーションの土台として、他者を思いやる礼節が不可欠なのです。多様化が進む日本でも、相手目線に立った礼節ある振る舞いが見直されてほしいですね。日本のコミュニケーションは、やや表面的に感じられます。もう一歩相手に踏み込み、真正面から対峙して、時には厳しいことも言ってみて。本気でその人のことを思っての言葉なら、それを伝えることも礼節を重んじたコミュニケーションの一環だといえますし、それにより心の通い合う、強い人間関係が結べます」

『結局うまくいくのは、礼儀正しい人である』P・M・フォルニ大森ひとみ・監修上原裕美子・訳

人生の質を底上げする25の礼節を重んじるルール。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.