くらし情報『自閉症の息子がモデル…視覚障害の写真家が撮った奇跡のビジュアル』

2020年8月30日 20:20

自閉症の息子がモデル…視覚障害の写真家が撮った奇跡のビジュアル

8月24日、横浜市役所で『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』のプログラム発表イベントが開かれました。会場では、地元の小学生に向けた公開授業も実施。イベントの様子とパラトリエンナーレの魅力についてご紹介します!

パラトリって?

【女子的アートナビ】vol. 181

『ヨコハマ・パラトリエンナーレ』とは、障害のある方と多様な分野のプロフェッショナルが芸術表現を創造・発信するアートプロジェクト。横浜美術館を中心に開催される国際芸術展『横浜トリエンナーレ』にあわせ、3年に1度開催されています。

パラトリの初開催は2014年。2回目は2017年に開かれ、どちらも来場・参加者数が約10万人以上を記録したビッグなイベントです。

奇跡のメインビジュアル

目次

・パラトリって?
・奇跡のメインビジュアル
・コロナ禍だからこそやりたい!
・小学生のコメントに涙…
・Information
自閉症の息子がモデル…視覚障害の写真家が撮った奇跡のビジュアル


『ヨコハマ・パラトリエンナーレ2020』の開催テーマは「our curioCity ―好奇心、解き放つ街へ」。

メインビジュアルに使われているのは、アメリカ在住の写真家ブルース・ホールさんの写真です。

生まれつき視覚障害のある彼は、重度の自閉症をもつ双子の父親でもあります。今回の写真は、息子さんが水をつかもうとしている瞬間をとらえた一枚。美しい青と少年の姿が混ざり合って、見たこともない不思議な世界が表現されています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.