くらし情報『市川実日子は「岩」だった? モデルなのに写真を撮られるのが苦手だった過去』

2020年10月29日 21:20

市川実日子は「岩」だった? モデルなのに写真を撮られるのが苦手だった過去

ふふ、熟したんです。私はもともと三姉妹の末っ子で、14歳のときにモデルデビューをしたこともあり、昔はどこにいても“一番年下”でした。でも、20代前半のとき、私以外全員年下という現場で、私が自分の年齢を言った途端、フランクにしゃべっていた年下の子たちに、「あ、そうなんですか、すいません!」と、壁みたいなものを作られてしまったことがありまして。もちろん敬意を払ってくれた結果なんですが、ただその瞬間から接し方がわからなくなってしまった…。敬う気持ちは大事なんですが、ものづくりの現場では、そのせいで遠回りになることもある。その経験から、年齢に関係なく、なるべく同じ目線で接することが、自分にとって大事なことだとわかりました。撮影現場での緊張感は大事だけれども、基本的には柔らかさがあったほうがいいのではないかと思っています。…とか言ってますけど、仕事を始めたころ、岩でしたからね、私(笑)。

――岩?!岩ってなんですか…?

大人が怖くて、カメラが怖くて、話しかけられても、カメラの前でまったく動けなかったんです。岩のごとく(笑)。

――今の市川さんからは、まったく想像がつきません…。

モデルになったばかりのころは、写真を撮られるのが本当に苦手だったんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.