くらし情報『お風呂で温まるはずが…湯温42°C以上は“実は冷える”って本当?』

2020年12月2日 20:10

お風呂で温まるはずが…湯温42°C以上は“実は冷える”って本当?

体温のメカニズムを知って温活を!ここでは“入浴”の際に気をつけたい、冷えリスクを抑えるアクションについてお届けします。

入浴:カラダの芯=内臓からじんわり温まる、が鍵に。
「寒い日は熱めのお風呂に浸かりたくなりますが、42°C以上のお湯に浸かることはできるだけ避けましょう。なぜなら高温のお湯に対して、皮膚が危険だと判断し、皮膚表面や末端の血管を収縮させてしまいます。すると、カラダの表面しか温まらず、すぐに湯冷めしてしまうことに。内臓まで全身をじんわり温められるチャンスはお風呂だけです。ぬるめのお湯に15~20分ほど浸かって温まれば、緩やかに体温が上がり、湯上がりもぽかぽかが長続きします」(医師・渡邉賀子先生)

適温にゆっくり浸かれば、末梢血管が開き、血液が温められ、お風呂上がりの放熱もスムーズに。就寝時までに体温が緩やかに下がっていくため、結果的に質の良い眠りにも繋がるはず。

お風呂で温まるはずが…湯温42°C以上は“実は冷える”って本当?


[入浴前]熱を守るためには…

入浴前に、白湯を飲む。
お風呂に浸かる前に、白湯など温かいドリンクを飲んで、内側から内臓をしっかり温めること。そうすれば、じんわりコアの温度が上昇し、急激な体温上昇を抑えることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.