くらし情報『のん主演『私をくいとめて』の“素敵な部屋”がスゴイ! その作り方は?』

2020年12月20日 19:30

のん主演『私をくいとめて』の“素敵な部屋”がスゴイ! その作り方は?

長らく彼氏が不在の31歳のみつ子(のん)は、脳内に住む優秀な相談役の“A”とコミュニケーションをとりながら、お一人様ライフを満喫中。そんな彼女に、年下の営業マン・多田くん(林遣都)という気になる男性が!が、20代のときのように物事はスムーズに進まないわけで…。綿矢りさの同名小説『私をくいとめて』が原作のこの映画。みつ子の部屋などの美術を担当しているのが、インテリアスタイリストの作原文子さん。監督を務める大九明子さんとは、’07年にも一緒に映画を作っているそうで、監督からの熱いラブコールに応え、今回再び映画の美術に挑戦したそうです。

主人公が楽しく籠もる素敵な部屋は、どう作られる?
監督&スタイリストが語ります!
のん主演『私をくいとめて』の“素敵な部屋”がスゴイ! その作り方は?


大九:’07年の『恋するマドリ』という映画は、タイトルからも分かるように、インテリアが重要な意味を持つ作品だったんです。そのときにプロデューサーが、“その道の第一人者がいる!”と推薦してくれたのが、作原さんでした。ご一緒してみたら、本当に素敵な部屋を作ってくれて…。作原さんの作る部屋は、私の知らない世界を見せてくれ、その上嘘がない。今作も、前作同様、主人公の部屋が重要だったので、ぜひお願いしたいと思い、ご連絡したんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.