くらし情報『全米が称賛のTEDスピーチも! 書店員オススメ“ジェンダー”入門本4選』

2021年4月4日 20:10

全米が称賛のTEDスピーチも! 書店員オススメ“ジェンダー”入門本4選

ジェンダーについて知りたいと思ったら、読書を通して、様々な知識や意見に触れてみて。ジェンダー・ギャップや多様性に関心の高い書店員、代官山 蔦屋書店の宮台由美子さんに、おすすめの入門本を聞きました。

幅広いジャンルの本と、じっくりと対話を重ねて。
「2017年の『男も女もみんなフェミニストでなきゃ』をはじめジェンダーに関する翻訳書の出版が相次ぎ、自然と品揃えも増えてきました。その後、’19年頃からジェンダー本の提案をしたいと考えるように。当店は女性エッセイと、社会学や社会問題の棚が隣接する珍しい棚構成になっており、両方の読者の懸け橋となることを意識しています」と話すのは、代官山 蔦屋書店で人文コンシェルジュを務める宮台由美子さん。「最近はかなり分厚い本もよく売れています。翻訳本やジェンダーの最新の言説に触れるようなものが求められている一方で、雑誌『エトセトラ』(エトセトラブックス)をはじめとする等身大の言葉が書かれた熱い本、雑誌も好評」と意識の高まりを感じているそう。「本は読者と1対1で向き合うメディアなので、自分の実体験と照らし合わせて考え、自分の言葉に落とし込む時間を作ることができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.