くらし情報『世界が注目する大型新人ENHYPENのメディアショーケースをレポート!』

2021年5月7日 20:50

世界が注目する大型新人ENHYPENのメディアショーケースをレポート!

2020年6月から約3か月に渡り世界各国で放送されたサバイバルオーディション番組『I-LAND』(日本ではABEMA TVとMnetで放送)。その最終メンバーとして選抜された7人で結成され、昨年11月にデビューを果たしたENHYPEN(エンハイプン)。BTSの後輩グループとしても世界中の注目を集めた彼らが、待望の2ndミニアルバム『BORDER : CARNIVAL』をリリース。そのメディアショーケースの模様をお届けします。

デビュー後に感じた目まぐるしさを曲で表現した「Drunk-Dazed」

目次

・デビュー後に感じた目まぐるしさを曲で表現した「Drunk-Dazed」
・デビュー曲の3倍は大変だったという振り付けにも注目!
・ENHYPENだけの色を探しながら、新世代を牽引していく決意。
・自分たちを選んでくれたファンとのコミュニケーションを大切に。
・ロールモデルはもちろんBTS。アーティストとしての姿勢も見習いたい。
世界が注目する大型新人ENHYPENのメディアショーケースをレポート!


左から、ニキ、ジェイ、ヒスン、ジョンウォン、ソンフン、ジェイク、ソヌ。

ENHYPENの7人が司会者に呼ばれ、少し緊張した面持ちで登場すると「5か月ぶりのカムバックで緊張していますが、ミスをしないように頑張りたいと思います」と、リーダーとして先頭を切ってコメントしたジョンウォン。唯一の日本人メンバーであるニキは日本語、オーストラリア育ちのジェイクが英語で、オンラインで世界各国から参加する記者への感謝の言葉を伝えました。

今作『BORDER : CARNIVAL』は、練習生とアーティストの境界線に立たされた感情を表現したデビュー作『BORDER:DAY ONE』の続編で、「デビューしてから、その経験の全てが初めてのことで不思議な感情でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.