くらし情報『モデルは英17~18世紀のコーヒーハウス? 新時代のオンラインコミュニティ』

2021年7月14日 19:10

モデルは英17~18世紀のコーヒーハウス? 新時代のオンラインコミュニティ

年齢も性別も職業も国籍の隔たりも超えて、多様な人々が一つのテーブルを囲み、日常レベルで社会課題の話をできる世界があったら、どれだけ理想だろう。オンラインコミュニティを使って辻愛沙子さんが目指すのは、そんな未来だ。

円卓のような、誰もが平等な対話型コミュニケーション。
モデルは英17~18世紀のコーヒーハウス? 新時代のオンラインコミュニティ


10代の頃から“原宿カルチャー”に夢中だったという辻愛沙子さん。一方で、置かれた環境に違和感も。

「幼稚園から一貫校に通っていたので、このままでは自分の世界が偏ってしまうかも…と感じ、中2から海外留学へ」

海外から見た日本のカルチャーはさらに魅力的に映り、その後、大学進学をきっかけに帰国。

「映像の仕事やものづくりに興味があり、広告代理店に入社。化粧品やスイーツなど、女性向けの企画を担当するうちに思想が固まり始め、ジェンダー問題や社会課題に取り組むようになりました」

’19年、働いていた広告代理店の子会社としてarcaを立ち上げ、今年の頭に完全独立。5月にはオンラインネットワーク「Social Coffee House」(以下SCH)をオープン。モデルになったのは17~18世紀のイギリスで政治家やジャーナリスト、商人などが集い、社会や政治について語り明かした“コーヒーハウス”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.