くらし情報『ピンスポットは人力操作!? ライブを彩る“照明”の仕事、舞台裏に徹底密着』

2021年8月15日 19:10

ピンスポットは人力操作!? ライブを彩る“照明”の仕事、舞台裏に徹底密着

ライブコンサートといった表舞台を支える、“照明”のお仕事をご紹介!プロフェッショナルたちに密着しました。

アーティストを照らし、ライブ空間を華やかに彩る。

ピンスポットは人力操作!? ライブを彩る“照明”の仕事、舞台裏に徹底密着


ライブ中に、ステージや会場全体を彩りながら、次々と変わる色とりどりのコンサート照明は、アーティストのパフォーマンスを際立たせ、観客の心を揺さぶり、ライブを盛り上げてくれる。

「その照明による演出を、プランニングするのが照明デザイナーの仕事です」(「東京舞台照明」ライティング事業部 クルーヘッド<照明デザイナー>南 俊樹さん)

南さんは、アイドルグループをはじめ、有名アーティストのコンサート照明を多数手がけてきた。

「毎回、担当する公演が決まると、まずはチームを編成し、会場全体の照明の設営プランを決めます。しかし、公演日ギリギリまでセットリストが決まらないこともあり、本番までめちゃくちゃタイト。だいたい準備に取りかかれるのは本番の1週間~10日前くらいだったりします」(南さん)

南さんが考えた設営プランを引き継ぎ、会場の配線などを担当しているのが、後輩の横山さんだ。

「安全性を考慮しながら、どこにどの照明機材を設置し、どう配線を組むか、図面に落とし込みます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.