くらし情報『人気急上昇・渡邊圭祐、初舞台は「ターニングポイントになる予感がする」』

2021年12月4日 21:10

人気急上昇・渡邊圭祐、初舞台は「ターニングポイントになる予感がする」

『恋はつづくよどこまでも』『MIU404』と話題作に出演し、ネクストブレイク間違いなしと言われていたのが、つい1年前のこと。今年の出演作はドラマ4本、映画1本。『推しの王子様』では、2番手としてヒロインの理想の男性を演じ、多くの女性をときめかせた渡邊圭祐さん。映像の世界で急速に人気と存在感を増していく中、『彼女を笑う人がいても』で初舞台を踏みます。

作品のためなら、ポリシーを曲げられるけど、簡単には曲げたくない。
人気急上昇・渡邊圭祐、初舞台は「ターニングポイントになる予感がする」


――もともと舞台に出演したい気持ちは強かったんですか?

正直、めちゃくちゃ出たいと思っていたわけではないんです。というのも、25年暮らしていた仙台は、同じ地方でも大阪、福岡、名古屋に比べると舞台があまり上演されず、身近ではなくて。地元の仙台の人にとっては、映画やドラマのほうが親しみがあるので、僕の存在を届けるためには、映像に力を入れていきたいと思って、ここまではやってきました。

――舞台を初めて観たのはいつ?

デビューした年の24歳です。劇団新感線の『髑髏城の七人』という作品だったんですけど、舞台ならではの生の熱量を感じました。舞台に立つ側としては、『彼女を笑う人がいても』が初めて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.