くらし情報『頼みごとは「私」を主語に? 人間関係が上手くいく“伝え方”のコツ』

2022年1月12日 19:40

頼みごとは「私」を主語に? 人間関係が上手くいく“伝え方”のコツ

人づきあいのスキルアップに不可欠なのが、コミュニケーション力。なかでも、自分を理解してもらい、気持ちを表現する際に大切なのが“伝え方”。伝え方ひとつで、相手に与える印象や関係性を変えることができます。コミュニケーション総合研究所代表、一般社団法人日本聴き方協会代表理事・松橋良紀さんと日本メンタルアップ支援機構代表理事・大野萌子さんが教えてくれました。

伝える力を身につける

頼みごとは「Iメッセージ」で伝える
頼みごとは「私」を主語に? 人間関係が上手くいく“伝え方”のコツ


「Iメッセージ」とは、「I(私)」を主語にしたメッセージで、いろいろな場面で応用できる伝え方。「相手を嫌な気持ちにさせることなく行動を促す際の基本なので、覚えておくと便利です。たとえば『部屋を片づけておいて』は、相手が主語になったYOUメッセージなので言われると命令されているように感じると思います。では『部屋を片づけてもらえるとうれしい』だとどうでしょうか。Iが主語で、表面上はただ自分の要望を伝えているだけなのに、相手は快く動いてくれるのです」(松橋さん)。誰しも命令されて動くより、自発的に動くほうが気持ちがいいはず。ほかに「(私は)助かる」「(私は)安心できる」など、自分の感情を伝えるメッセージに変換して伝えると、人間関係がスムーズに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.