くらし情報『「挙式をあげる」は間違った日本語!? 残念な言葉の使い方3選』

2022年4月19日 20:00

「挙式をあげる」は間違った日本語!? 残念な言葉の使い方3選

「馬から落馬する」「酒を飲酒する」など、同じ意味の言葉を重ねて使う重言。「重ね言葉」ともいい、あえて強調するために使う人もいますが、場合によっては誤用とみなされることも。ちょっと残念な重言パターンを3つ、クイズ形式でご紹介!

【漢字クイズ】vol. 16

「挙式をあげる」は間違い?

目次

・「挙式をあげる」は間違い?
・「あらかじめ予約する」は間違い?
・「従来から」は間違い?
「挙式をあげる」は間違った日本語!? 残念な言葉の使い方3選


正解は、

「式をあげる」が無難です。

ほかに、「結婚式をあげる」でもOKです。

「挙式」の意味は、式を行うこと、結婚式をあげることなので、「挙式をあげる」にすると同じ意味を繰り返してしまいます。

「挙式を挙げる」と漢字で書いてみると、「挙」が重なるので重言に気づきやすいですが、話し言葉ではつい使ってしまいがち。特に、スピーチなどでは気をつけましょう!

「あらかじめ予約する」は間違い?

正解は、

「予約する」だけでOKです!

「予約する」の意味は、「あらかじめ約束する、前もって約束する」。つまり、もともと「あらかじめ」の意味が含まれています。

「あらかじめ」を漢字で書いてみると、「予め」となるので一目瞭然。もちろん「前もって予約する」も重言です。

「従来から」は間違い?

正解は、

「従来」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.