くらし情報『「五月蠅い」って読める? 意外と難しい「五月」のつく漢字3選』

2022年5月22日 19:30

「五月蠅い」って読める? 意外と難しい「五月」のつく漢字3選

日常よく使う言葉でも、うっかり間違って読んでいる漢字があるかもしれません。今回は、意外に難しい「五月」のつく漢字を3つご紹介!

【漢字クイズ】vol. 18

「五月晴れ」は、どう読む?

目次

・「五月晴れ」は、どう読む?
・「五月雨」の読み方は?
・「五月蠅い」は読める?
・皐月、早月、早苗月…
「五月蠅い」って読める? 意外と難しい「五月」のつく漢字3選


5月のすがすがしい天気の日に思わず口に出したくなる「五月晴れ」。でも、この言葉、そのまま「ごがつばれ」と読んでいませんか?その読み方、残念ながら間違いです!

では、なんと読むでしょう?

正解は、

「さつきばれ」です!

意味は、「5月の晴れわたった空や、梅雨の晴れ間のこと」。

最初の意味は納得できますが、なぜ「梅雨の晴れ間」も指すのでしょう?5月は、まだ梅雨の時期ではないですよね。その疑問については、次の「五月雨」でまとめて解説します。

「五月雨」の読み方は?

続いては、「五月雨」。これを「ごがつあめ」と読んだら、ちょっと恥ずかしいかもしれません。

正しい読み方は、

「さみだれ」または「さつきあめ」です!

意味は、「陰暦5月ごろに降る長雨。梅雨」。

つまり、「五月晴れ」も「五月雨」も、昔の暦での5月を指しています。なので、「五月晴れ」の意味が「梅雨の間の晴れ間」にもなるのです。

ついでに、「五月雨式」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.