くらし情報『一級建築士が教える! 意外と知らない「良いリノベーション物件の特徴」』

2022年6月26日 20:00

一級建築士が教える! 意外と知らない「良いリノベーション物件の特徴」

おしゃれな部屋というイメージのリノベーション物件。「いいかも!」とピンとくれば、それで判断していい?一級建築士のリクドウさんが、本当に良いリノベ物件の見極め方を教えてくれます。

一級建築士が教える! 意外と知らない「良いリノベーション物件の特徴」

一級建築士が教える! 意外と知らない「良いリノベーション物件の特徴」


リノベーション物件とは、古い集合住宅や戸建てを修復して整えたものを言います。イヤな言い方をすると、そのままでは売る、貸すことができない、もしくは販売や賃貸をしたとしても買い手、借り手がつかないから施したとも考えられます。また、修復の範囲や内容には決まりがありません。どの部分をどの程度まで行ったのかを知ることは、不動産や仲介業者からの情報と、ご自身のリサーチやチェックにかかっています。見た目のきれいさに惑わされず、安心して住めるものを納得したうえで決めましょう。では、どういったものが良いリノベ物件なのかご紹介します。

良いリノベ物件1. 築年数が浅い
これは耐震基準に関わってきます。リノベ物件っていわゆる中古物件なんですけど、いくら見た目がきれいに施工されていても1981年以前に建てられたものは、正直おすすめできません。最低でもこれ以降、できれば2000年以降に建てられたものがおすすめです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.