くらし情報『我が子は心の病…「親は罪悪感を抱く必要はない」精神科医の助言をもとに注目作を手掛けた監督が断言するワケ』

我が子は心の病…「親は罪悪感を抱く必要はない」精神科医の助言をもとに注目作を手掛けた監督が断言するワケ

そういったことは自分の経験としてもありましたし、たくさんの方々が同じ思いをしていると確信していました。

そこで、多くの人が共有している難しい問題について掘り下げていきたいと思うようになったのです。「自分だけじゃないんだ」と教えてくれるのも、みんなで一緒に考えるきっかけを与えてくれるのも映画だと考えています。

ヒュー・ジャックマンは、世界一ナイスで特別な人

我が子は心の病…「親は罪悪感を抱く必要はない」精神科医の助言をもとに注目作を手掛けた監督が断言するワケ


―そんな監督の思いに共感したのが、主演を務めたヒュー・ジャックマンさん。普段は自分からアプローチをすることはしないそうですが、今回は自ら監督に熱烈なラブコールを送られたとか。連絡を受けたときはどんなお気持ちでしたか?

監督まずは、彼からのメールが迷惑フォルダに入らなくてよかったなとホッとしましたね(笑)。メールには、「もしほかの役者さんと話が進んでいるならこのことは忘れてください。でも、そうでないなら10分でいいから僕の話を聞いてほしい」という非常にパワフルな言葉が書かれていました。
そのときは、彼のような大スターでも「自分がやりたい」と自分で訴えることもあるのかと驚きが大きかったです。さらに文章を読んでみると、彼の誠実さや謙虚さ、正直さに心を動かされましたし、それに加えて「演じなければいけないんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.