くらし情報『クヨクヨするのも私、自分に素直に前を向く  〜大塚家具・大塚久美子社長インタビュー〜』

2016年10月17日 11:00

クヨクヨするのも私、自分に素直に前を向く  〜大塚家具・大塚久美子社長インタビュー〜

クヨクヨするのも私、自分に素直に前を向く   〜大塚家具・大塚久美子社長インタビュー〜


有名国立大学を卒業、20代での取締役就任や、30代での起業など華々しい経歴を持つ、大塚家具代表取締役社長・大塚久美子さん。常に新しいことへチャレンジする彼女の原動力とは?

20代からビジネスパーソンとして走ってきた彼女の強さに迫りました。

20代は「クヨクヨ」すべき
−—銀行勤めを経て家業である大塚家具にご入社されたのは想定外だったものの「どんな状況もどう受け入れてどう価値あるものにするかが大事」とおっしゃっていますが、そのお考えの元になるものは何なのでしょうか。

クヨクヨするのも私、自分に素直に前を向く   〜大塚家具・大塚久美子社長インタビュー〜


物事には「確定」してしまっていて自分で変えられないことが多々あります。その確定してしまったことに対して「ああすればよかった、こうすればよかった」と思い悩むのではなく、前向きに「やれること」を考えたほうが実りがありますよね。

でも、こう考えられ始めたのは30代半ばを過ぎてからです。

20代のころは状況をそのまま受け入れることが必ずしも良いことではないと思います。10代や20代前半は、あらゆる可能性が目の前に広がっているのですから、自分の状況をよくしていくチャレンジは絶対に必要です。チャレンジをすると、その先にある人生の糧になるような蓄積を作っていくことができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.