くらし情報『「女の子なのに」はプレッシャーだった。娘の好みを尊重してあげられず反省』

2021年6月29日 16:30

「女の子なのに」はプレッシャーだった。娘の好みを尊重してあげられず反省

現在6歳の娘は、小さなころから電車や戦隊ヒーローがお気に入りで、色はピンクより水色が好きというタイプです。幼稚園に入り、周りに女の子のお友達が増えると、周りの女の子たちとの違いが心配になり、娘の好きな物を否定するような言動をとってしまって後悔した経験をお伝えします。

目次

・プリンセスより戦隊ヒーローが好きな娘
・女の子は女の子らしくしなきゃダメ!?
・色もピンクより青系の色が好き
・多少周りと違っても娘の好みを尊重
・著者:澤崎 凪


女の子らしさ


女の子らしさ


プリンセスより戦隊ヒーローが好きな娘

娘が幼稚園に入園するまでは、電車や戦隊ヒーローが好きなことをそれほど気にしていませんでした。しかし、入園後に女の子のお友達との付き合いが増えると、娘とお友達の興味の違いが徐々に気になるようになってしまいました。周りの女の子たちが好きなのはプリンセス。娘が好きなのは戦隊ヒーロー……。

好きな遊びが違うと、一緒に遊ぶのに支障が出るのではないかという心配もありました。そして、初めて遊ぶお友達やそのママには、「女の子なのに、戦隊ヒーローが好きなの」というふうに娘のことを紹介する場面が日常的にありました。

女の子は女の子らしくしなきゃダメ!?

子どもは大人の話を意外とよく聞いているもので、娘は「女の子なのに」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.