くらし情報『読書は、家もお金もない過酷な生活を少しだけ生きやすくしてくれる。ポートランドの「チャリンコ図書館」が届ける心の支え』

2017年2月20日 08:43

読書は、家もお金もない過酷な生活を少しだけ生きやすくしてくれる。ポートランドの「チャリンコ図書館」が届ける心の支え

 
width=\


気に入った本を選んだホームレスたちの多くが、すぐ側に腰を下ろし、お昼のブリトーを食べながら、本を読み始める。暖かな日差しもあり、穏やかなひと時に思える。

width=\

width=\

ホームレスから理事会メンバーに

width=\


現在、ストリート・ブックスの理事会メンバーを務め、目録担当でもあるベン・ハジソン(Ben Hodgson)さんは、実は3年半、ホームレスだったことがあるという。彼は、ローラさんが担当する移動図書館ルートの常連だったそうだ。子供の頃から、読書が好きで、図書館を利用していたというベンさん。「ローラに毎週、課題図書を出しているんだ」と笑うほど、多くの本を読んでいる。「ワグナーの『ニーベルングの指輪』のもとにもなった『北欧神話』の中に、呪われた黄金の話があるんだけどね。実は、初めて私がこの本を手に入れたのは、万引きだったんだよ。それで、多分、本の内容みたいに呪いが始まったんだ…。これまでに6冊、買ったりもらったりして、同じ本を手に入れたんだけど、その度に全て、なくなってしまったんだ」なんてエピソードも、本好きなことがうかがえる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.