くらし情報『「一般の方にも、もっと気軽に来てもらいたい」。元AV女優が始めた“偏見のない性感染症専門クリニック”』

2018年8月31日 11:31

「一般の方にも、もっと気軽に来てもらいたい」。元AV女優が始めた“偏見のない性感染症専門クリニック”

小学校の高学年に対して学校の先生が教育するのには難しいところもあると思うので、医師とか保健所の看護師などの専門家が赴いてとか、そういう形での授業を絶対するべきだと思います。ですが実施しようとしても、自治体なり、学校が拒んでしまうという現状がありますよね。「これ以上は話さないでくれ」とかね。
日本では性産業の規模が大きいのにもかかわらず、家庭や学校などで性的な話をしてはいけないという空気感が少なからずある。ホルモンバランスを整えられ、月経前症候群の緩和をはじめとする利点のある低容量ピルに関する事情をみてもそうだ。一般の人々の知識がないために、当たり前にあるべき身体にとって有用なものへアクセスが妨げられているのが現状。「時間はかかるにせよ、正しい知識を身につけられる性教育を地道に行っていくことが、将来的な予防政策の一環になる」と、稲垣医院長は話していた。また性教育の質の確保のみならず、政府が性感染症の検査への助成金を出したり、学校や企業での健康診断に組み込んだりするなどの制度化が実施されれば、日本の性感染症事情は大きく改善されると考えられる。

width=
膣内検査を行うための検査台検査はスタッフによって丁寧に行われ、時間はほぼかからない
width=
同クリニックが厳選した検査キット
width=
検体を取り終えたら、スタッフが検査薬で反応をみる

感染症に対して偏見のないクリニック

夏目氏そして稲垣医院長の話から浮かび上がってきたのはやはり、普段触れられることの少ない日本の問題だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.