くらし情報『『コッホ先生と僕らの革命』ダニエル・ブリュール 俳優への道を後押しした教師の存在』

2012年9月19日 22:01

『コッホ先生と僕らの革命』ダニエル・ブリュール 俳優への道を後押しした教師の存在

さらに、サッカーを通じて欠点がある子でも強みがあるんだということ、サッカーによってクラスが一つになるというチームでの達成感。それまでのように誰かを仲間はずれにして、常に誰かがアウトサイダーがいる、そんなチームはまとまりません。コッホは子供たちに学校は楽しいということ、そして学ぶことの楽しさを教えられたと思います」。

個の力を見出し、チームの結束力を高めていく。反発を恐れずに正面から子供たちとぶつかっていくコッホ先生はまさに教師の鏡と言えるが、誰にとっても(良かれ悪かれ)自身に影響を与えた教師は一人はいるはず。俳優・ダニエルにとってのそれは、俳優の道を開く存在となった。
「ドイツ語と音楽を教えていた先生です。実は、その先生が演劇グループを勧めてくれたんです。10歳か11歳ぐらいのとき、その先生の勧めで朗読コンテストに出場し、優勝しました。その優勝がきっかけで、ラジオの朗読を始め、それが私にとって初めての仕事となりました。ラジオ朗読をすることで俳優としての情熱に目覚めたので、その先生がいなければ俳優になっていないかもしれません」。特集:『コッホ先生と僕らの革命』宣伝体験記
http://www.cinemacafe.net/ad/kakumei/

■関連作品:
コッホ先生と僕らの革命 2012年9月15日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開
© 2011 DEUTSCHFILM/CUCKOO CLOCK ENTERTAINMENT/SENATOR FILM PRODUKTION

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.