くらし情報『鈴木砂羽、父親との抱擁を「男性とハグ」とツイートされおかんむり!』

2014年5月22日 21:41

鈴木砂羽、父親との抱擁を「男性とハグ」とツイートされおかんむり!

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


東京スカイツリーが5月22日(水)に開業2周年を迎え、スカイツリーをテーマに一般からエピソードを募集して撮影されたショートフィルム『ソラノネ』が完成。同日、地上350mの展望台にて披露上映が行われ、主演の川島海荷らが出席した。

本作はアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF&ASIA)のスカイツリーを運営する「東武タワースカイツリー株式会社」が共同で、一般から応募したスカイツリーにまつわるエピソードを原作に制作。母が突然、家からいなくなったのをきっかけにバラバラだった家族がもう一度自分たちの繋がりについて考えるさまが描き出される。

この日は主演で一家の次女を演じた川島海荷に加え、父親役の近藤芳正、母親役の鈴木砂羽、長女役の志保、長男役の札内幸太、祖母役の藤田弓子、中茎強監督、そして500を超える応募の中から自身のエピソードが見事に本作の原作に採用された松延晋さん、さらにSSFF&ASIAの代表を務める別所哲也映画祭アンバサダーのLiLiCoも出席した。

川島さんは撮影で展望台に昇ったのがスカイツリー初体験だったそうで、「最初に昇ったときは曇ってて、(撮影が)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.