くらし情報『浅野忠信、念願かなっての深津絵里との夫婦役に役を超えて「愛情芽生えた」』

2015年10月1日 18:59

浅野忠信、念願かなっての深津絵里との夫婦役に役を超えて「愛情芽生えた」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


映画『岸辺の旅』が10月1日(木)に公開を迎え、浅野忠信深津絵里小松政夫柄本明黒沢清監督が舞台挨拶に登壇した。

湯本香樹実の同名小説を映画化し、本年度カンヌ国際映画祭「ある視点部門」で監督賞に輝いた本作。3年の失踪ののちに幽霊となって帰ってきた優介が妻の瑞希と共にその3年の道のりをもう一度たどる旅に出る。

深津さんと夫婦を演じた浅野さんは「役と言うよりは深津さんへの愛情や絆がだんだん芽生えてきました」と述懐。「深津さんじゃなかったらどうなっていたか…?全然違う優介になっていたと思います。三谷(幸喜)監督の作品(『ステキな金縛り』)でお会いして、(より近い関係の役で)共演したいという思いを伝えていたんですが、こういう形で花開き、理想以上、想像していた以上の関係になれました」と充実した表情を見せた。

深津さんは浅野さんの熱烈な“愛”に「ありがたいし嬉しいです」と笑顔。「愛とか絆は形あるものじゃないのに絶対的に強い。愛こそ全てだとよくわかる作品になっていると思います」と作品に込めた思いを口にした。

小松さんと柄本さんのベテラン2人は自らのNG談議に花を咲かせ、笑いを誘う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.