くらし情報『戸次重幸、「昼のセント酒」実写化で銭湯巡り&尻出し!「ポロリしないように…」』

2016年3月2日 06:00

戸次重幸、「昼のセント酒」実写化で銭湯巡り&尻出し!「ポロリしないように…」

(Photo:cinemacafe.net)

(Photo:cinemacafe.net)


「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之の同名痛快エッセイを原案に、大人の娯楽を描く「昼のセント酒」。主演に戸次重幸を迎え、4月9日(土)よりテレビ東京にて放送開始されるのだが、その前にAmazonの「プライム・ビデオ」 にて独占先行配信することが決定した。

内海孝之(戸次重幸)は42歳。勤務先は日の出広告の企画営業部2課。1年前に内勤の業務部から企画営業部に異動したが、口下手で不器用、要領が悪く、押しも弱い。そんな性格がわざわいして、営業成績はいつも最下位。課長の堂園翔子(八木亜希子)からは、いつも叱責されている。そんな内海の唯一の楽しみは、営業をさぼって平日の昼から銭湯に入り、その後、渇いたのどにビールを流し込むこと。勤務時間中という後ろめたい気持ちもありながら、銭湯を見つけると、その誘惑には抗えない。今日も会社に「急用が入ったので…」と言い訳の電話をすると、意気揚々と銭湯の門をくぐる。入浴料460円を払い、スーツを脱ぎ、浴場に入ると内海にとって最高の瞬間が待っている――。

本作は、「孤独のグルメ」の久住氏のエッセイを原案に「孤独のグルメ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.