くらし情報『宮藤官九郎監督の誕生日祝福のため大人計画の三宅弘城が舞台挨拶に乱入! 』

2016年7月20日 12:15

宮藤官九郎監督の誕生日祝福のため大人計画の三宅弘城が舞台挨拶に乱入! 

Photo by cinemacafe.net

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の舞台挨拶が7月19日(火)に開催され、宮藤官九郎監督、清野菜名皆川猿時が登壇。この日は宮藤監督の誕生日でケーキが用意されたが、なぜか大人計画の三宅弘城が乱入!思わぬサプライズに会場は盛り上がりを見せた。

この日は、映画を観終えた観客からの質問に宮藤監督らが答えたが、中にはすでに本作を5回観たという筋金入りのツワモノも!宮沢りえ中村獅童といった豪華俳優をどうやって口説き落として本作に出演させたのか?という質問に、宮藤監督は「ちゃんと台本を渡してお願いしましたよ。マーティン・スコセッシのように『これが君の役だ』と伝えて『分かった』と言ってもらいました(笑)」と明かす。特に獅童さんに関しては、映画を観た観客の中でも「どこで出てた?」と話題となるほどのチョイ役、しかも下ネタがらみの役柄となったが、オファーの後にわざわざメールで「一生懸命、演じさせてもらいます」と連絡が来たとか。

皆川さんは、地獄のガールズバンドのメンバー・じゅんこを演じているが、脛の毛を剃ってバンド少女役を熱演!この剃毛に関して、同時期に出演していた「大人計画」の舞台では「毛深い狼男のような役(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.