くらし情報『放送後も止まぬ中村蒼の“宮様”フィーバー! 「せいせいするほど、愛してる」』

2016年9月15日 16:30

放送後も止まぬ中村蒼の“宮様”フィーバー! 「せいせいするほど、愛してる」

Photo by cinemacafe.net

先日、第9話が放送されたドラマ「せいせいするほど、愛してる」。本ドラマは武井咲×滝沢秀明を中心に繰り広げられる物語だが、滝沢さん演じる“副社長”vs中村蒼演じる“宮沢”で、視聴者に“派閥”が生まれている現象を前回紹介した。いよいよクライマックスに近づく本作だが、どちらかというと“宮様”こと宮沢派が、テレビを前に熱い支持を送っていることが分かった。

北川みゆきの同名人気少女コミックを原作に描く本作は、ティファニーの広報部に勤める主人公・栗原未亜(武井咲)が、自社の副社長であり既婚者の三好海里(滝沢秀明)と恋に落ちる禁断の恋愛ドラマ。そして、そこで中村さんが演じるのは、世界的ファッションブランド「JIMMY CHOO」の敏腕広報マンで、海里の最強のライバル・宮沢綾だ。

当初、ノリが良くてテンションが高く陽気で明るい関西人のイメージが強かった宮沢。そんな性格からか、未亜だけでなく周りの人とどんどん距離を縮めていくタイプ。もちろん、そのキャラクターはいまなお健在であるが、ドラマ中盤に差し掛かった辺りから、さりげない優しさと真剣に一途に未亜を大切に想う気持ちや熱い告白、真剣なまなざし、さらには第8話での決意のプロポーズシーンなど、陽気なだけではない“いい男すぎる”部分がより濃く強く表れるようになっていった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.