くらし情報『ギャスパー・ウリエル5年ぶりの来日!グザヴィエ・ドラン監督との仕事は「非常に嬉しいこと」』

2016年12月14日 18:30

ギャスパー・ウリエル5年ぶりの来日!グザヴィエ・ドラン監督との仕事は「非常に嬉しいこと」

Photo by cinemacafe.net

フランス人俳優ギャスパー・ウリエルが、5年ぶり7回目の来日を果たし、12月13日に行われた主演作『たかが世界の終わり』ジャパンプレミアの舞台挨拶に登壇。本作の見どころやグザヴィエ・ドラン監督とのエピソードを語った。

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる──。

本年度カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した『たかが世界の終わり』は、カンヌ国際映画祭・審査員賞という栄光を手に入れたグザヴィエ・ドランが、監督兼脚本を務めた最新作。キャストには、主演のギャスパーを始め、レア・セドゥ、マリオン・コティヤール、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイといった、フランスを代表する一流俳優陣が集結している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.