くらし情報『星野源、「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化に主演!原作・森見登美彦は「感無量」』

2016年12月15日 05:00

星野源、「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化に主演!原作・森見登美彦は「感無量」

Photo by cinemacafe.net

最終回に向け異例の視聴率上昇を続け、“恋ダンス”が大流行するなど、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でさらなる人気を獲得した星野源が、森見登美彦によるベストセラー恋愛小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化に主演。同じ森見さん原作の「四畳半神話大系」監督の湯浅政明から、直筆レターでオファーを受けていたことが分かった。

舞台は、京都。大学のクラブの後輩である“黒髪の乙女”に思いを寄せる“先輩”。今日も、“なるべく彼女の目にとまる作戦”、略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町、夏の古本市、秋の学園祭、そして冬が訪れて…。京都の街で、個性豊かな仲間たちが次々に巻き起こす珍事件に巻き込まれながら、季節はどんどん過ぎてゆく。外堀を埋めることしかできない“先輩”の思いは、どこへ向かうのか――。

原作は、第20回山本周五郎賞受賞、並びに2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計120万部を超えるベストセラー。京都を舞台にした、どこかファンタジックな青春恋愛物語である本作は、「大学生が選ぶ本」第1位に選ばれ続けるなど、森見作品の中でも最もファンの多い作品の一つで、今回、満を持してのアニメーション映画化。

監督は、ロビン西の同名コミックを完全映画化した『マインド・ゲーム』や、TVアニメ「ピンポン THE ANIMATION」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.