くらし情報『仲間由紀恵&向井理ほか豪華キャストでドラマ化「そして誰もいなくなった」2夜連続放送』

2017年3月25日 09:15

仲間由紀恵&向井理ほか豪華キャストでドラマ化「そして誰もいなくなった」2夜連続放送

Photo by cinemacafe.net

閉ざされた絶海の孤島を舞台にしたアガサ・クリスティの名作を仲間由紀恵向井理柳葉敏郎ら豪華キャストでドラマ化する「そして誰もいなくなった」が、3月25日(土)今夜と明日26日(日)の2夜連続でテレビ朝日系にて放送される。

原作はイギリスが誇る“ミステリーの女王”アガサ・クリスティが1939年に発表した同名推理小説。世界で累計1億部以上を売り上げ「クローズド・サークル」モノの代表的な作品として世界的に高く評価され続けてきた不朽の名作だが、日本での映像化は今回が初となる。

今回の日本初映像化にあたっては、数々のサスペンスドラマを手がけた江戸川乱歩賞作家の長坂秀佳が脚本を担当。「相棒」シリーズの和泉聖治が監督を務める。

キャストには主演の仲間さんをはじめ、向井さん、柳葉さんのほか、大地真央國村隼藤真利子余貴美子橋爪功津川雅彦渡瀬恒彦。そして荒川良々沢村一樹が本作オリジナルキャラクターの刑事を演じる。

八丈島沖に浮かぶ孤島・兵隊島。その孤島に立つ「自然の島ホテル」のオーナー・七尾審によって、10人の男女が呼び寄せられた。やってきたのは、元水泳選手の白峰涼仲間由紀恵)、元東京地裁裁判長・磐村兵庫(渡瀬恒彦

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.