くらし情報『昆夏美&山崎育三郎、“生みの親”を目の前に名曲「美女と野獣」生披露』

2017年3月29日 15:30

昆夏美&山崎育三郎、“生みの親”を目の前に名曲「美女と野獣」生披露

Photo by cinemacafe.net
ディズニー・アニメーション不朽の名作を、エマ・ワトソンを主演に迎え、ディズニー渾身の実写映画として生まれ変わる『美女と野獣』の来日記者会見が3月29日(水)、都内で行われた。

会見にはメガホンをとったビル・コンドン監督、音楽を手がけるアラン・メンケン、そして日本語吹き替え版の声優を務める昆夏美(ベル役)、山崎育三郎(野獣役)が出席。昆さんと山崎さんが、映画をイメージした衣装に身を包み、主題歌である「美女と野獣」を披露すると、楽曲の生みの親であるメンケン氏は「お2人ともすばらしい才能の持ち主」と絶賛し、コンドン監督も「シンプルにして力強い歌声。早速、(実写で)日本版としてリメイクしなくては」と太鼓判を押した。

一方、メンケン氏と対面した昆さんは「とても光栄で、涙が出ました」と感無量の面持ち。山崎さんも「ディズニー作品との出合いは、メンケンさんが音楽を手がけた『アラジン』がきっかけ。今日はモーツァルトを目の前にしているようで、光栄ですし、この場で一緒にいるのが夢のよう」とこちらも大感激。当のメンケン氏は「ひょっとして、僕のことを恐れ多いもののように感じていない?」とおどけ、気さくな素顔を見せていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.